大きな音はキライ!仲良く暮らすポイントは?

モルモットはもともと南米ペルーの出身。ペットとしての歴史は意外に古く、なんと約3千年以上前からインディオたちが家畜として飼育していたという。現在でも南米のインディオの家や街角ではエサをもらって生活しているモルモットがいるそうだ。

ではなぜインディオだちかモルモットを飼育していたのかというと、それは食用にするため。やがて1600年代にドイツ人の手によってモルモットはヨーロッパに渡る。そして、おとなしくてかわいいモルモットはペットとして人気を呼ぶようになったのだ。巻き毛や長毛のモルモットはイギリスやフランスでペットとして改良された種類だ。

ヨーロッパに渡ったモルモットは幸い食用にはされなかった。しかしある意味で食用よりもつらい待遇が待っていた。それがモルモットと聞くと誰もか想像するであろう「実験動物」としての待遇。彼らが最初に実験に使われたのは1780年のこと。以来実験動物として私たち人間の役に立ってくれているのだ。

さてそんなモルモットのかわいさはというと、なんといってもあのつぶらな瞳とずんぐりした丸っこい体型。ハムスターより大きいので、なでたりするにもちょうどいい大きさだ。また意外と寂しがりやなので集団で飼ってもOK。気をつけて欲しいのはモルちゃんは神経質で大きな音がキライだということ。眠っていても、ちょっとした音ですぐに起きてしまうので静かな場所にゲージを置いてあげよう。

エサは市販のモルモット用ペレットが一番。ここで注意したいのはハムスターと違ってモルモットは私たち人間と同じように体内でビタミンCが合成できない動物。ビタミンCが不足するとあっという間に病気になってしまう。

モルモットフードにはビタミンCが添加されているが製造から日数が経過するとビタミンは劣化してしまう。モルモットは草食性なので固形フードに加えていつも新鮮な野菜や果物をバランスよくあげてほしい。実際モルモットは野菜が大好き。小松菜やチンゲンサイをシャクシャクと食べている様子は本当にうれしそうだ。

— posted by Petty at 12:10 pm