モルちゃんはおしゃべり好き。コミュニケーションをとるコツ

ハムスターやウサギ、フェレットなど、鳴かない小動物が流行中だが、モルモットはけっこう鳴くということをご存知だろうか?といっても、イヌやネコのように大きな声で鳴くわけではない。ペットショップなどでは周りの動物の声にまぎれてよく聞こえないこともあるので、そんなときはゲージに耳を近づけてみよう。「プクプクプク・・・」と小さな声でぶつぶつ言っているのが、モルモットの声なのだ。

モルモットの鳴き声で有名なのは、「ウィーウィー」という甲高い比較的大きな声。もともと、モルモットは群れで暮らす動物。そして、彼らは音声でコミュニケーションをとっているといわれている。仲間に敵の襲来を知らせるときやケンカのときなどには、この甲高い声で鳴くのだ。

ペットとして人と一緒に暮らしていても、不満があるときやエサを催促するときなどに「ウィーウィー」鳴くことがある。家に迎えたばかりの頃も、寂しいからかよく鳴くことが多い。そして、さっきの「プクプク」というのは、また別の鳴き声。モルモットはもともとおしゃべり好きなのか、何にも不満がなさそうに見えるときでも、地味にぶつぶつ言っていることが多い。声は出さなくても、鼻息で「フゴフゴ」としゃべっていたりもする。

よく慣れているモルモットは、「ミュウ、ミュウ、ミューン」と飼い主にエサを催促したり、ときには甘えてみたりと、上手に自分の気持ちを声で伝えることかできる。声にも表情があるので、慣れてくると「あ、葉っぱが欲しいのか」とか「部屋を散歩したいんだな」などと、モルモットの気持ちを理解しやすくなってくる。

中には、うまく鳴き声をマネすると、今度は飼い主の声をマネするモルちゃんもいるほど。モルモットは飼い主とちゃんとおしゃべりすることもできるのだ。ところで、モルモットはかなり人見知りをする神経質な動物。飼い主以外の人がいると、まったく鳴かないこともある。

いろいろな声でおしゃべりしてくれるのは、飼い主に心を開いている証拠。鳴き声で上手にコミュニケーションできるようになれば、かけがえのない友達になれるだろう。

— posted by Petty at 11:00 am