まるで大きなハムスター!モルモットは何の仲間?

モルモットという名前は有名だから聞いたことが無い人はいないだろう。しかしモルモットがどんな動物か特徴を述べよと言われると困ってしまう人も多いのでは?実際ハムスターを見て「あ!モルモットだ!」と言う人も結構いる。モルモットとハムスターの大きな違いはズバリ大きさ!平均体重で比べるとゴールデンハムスターは約100グラム、モルモットは約1000グラムだから約10倍の大きさというわけ。

モルモットはずんぐりした体型が特徴でシッポが無く、ちょっと頭でっかち。そんなコロコロ、モコモコしかところが可愛さの秘密でもある。ではモルモットとはどういう動物なのだろうか?モルモットはハムスターと同じげっ歯目の動物。しかしハムスターはネズミ科、モルモットはテンジクネズミ科というグループに分類されている。モルモットの原産は南米ペルーだが、現在は野生種はかなり減少したと言われている。

テンジクネズミというのは漢字で書くと「天竺鼠」。天竺とは大昔にインドを指しか言葉。そう西遊記で三蔵法師が目指した場所か天竺だ。かつて江戸時代には西洋や中国などから輸入された珍しいものは、大抵天竺~とか、唐~とかいう名前がつけられたという。江戸時代にオランダ人の手によってやって来たモルモットは外国から来た珍しいネズミということでテンジクネズミという名前がつけられたのだ。

テンジクネズミ科が属するテンジクネズミ亜目というグループには南米大陸に生息しているげっ歯目たちがいる。彼らは南米で独自の進化を遂げた動物達でチンチラやカビバラ、ヌートリアなど珍しい種類が多い。

モルモットを含めたテンジクネズミ亜目の動物たちの特徴は、げっ歯目としては子供数が少ないが妊娠期間が長いので、大きく成長した子供を生むという点。モルモットの子供はネズミの赤ちゃんとは違い生まれた時は既に毛が生えていて、とてもカワイイ。生まれてすぐに歩き回ることもできる。またモルモットは集団で仲良く子育てをしたり鳴き声でコミュニケーションを取るなどハムスターとは違った習性も多い。

現在ペットショップで見られるモルモット達は全部で4種類でイングリッシュと呼ばれる短毛のもの、巻き毛がかわいいアビシニアン、長い毛が自慢のペルビアン、そして毛が無いスキニーギニアピッグだ。毛色も黒と自のブチやミケなど色々あってハムスターよりちょっと大きなペットが欲しいという人にはモルモットはピッタリの動物かもしれない。

— posted by Petty at 05:10 pm