ハムスターは冬眠中どんな夢を見る?

しんしんと冷え込む冬、ハムスターか突然、カチカチに凍ったように眠ってしまうことかある。冬眠だ。丸くなってぬくぬくと眠っている普段の姿はかわいいものだが、冬眠となると話はちょっと違ってくる。クマやシマリスなどが冬眠することはよく知られているが、ハムスターも冬眠をするということをご存知だろうか?冬眠をしたハムスターは、体温か下がって冷たくなり、まるで死んだように眠ってしまうのである。

野生のハムスターは、寒い冬を冬眠して過ごす。でも、ハムスターの冬眠は、シマリスなどと比べると「浅い眠り」だといわれ「擬似冬眠」と呼ぶ専門家も多い。シマリスが体温を極度に低下(2~8度)させ、完全な冬眠状態に入るのに対し、ハムスターは、冬眠中もときどき起きて巣穴にたくわえたエサをちょっとずつ食べながら春を待つ。そう、冬眠中のハムスターは、ひたすら春の訪れを夢見ているというわけだ。

冬眠というと、私たち人間から見るとなんだか牧歌的な光景のように感じる人もいるだろう。しかし、当のハムスターにしてみれば「冬眠はそんなにノンキな習性じゃない!」と言いたいに違いない。

それもそのはず。冬眠という行動は、寒さが厳しく食料が乏しい冬を、自分を仮死状態にして乗り切るという、いわば緊急事態。冬眠前に十分に体力をつけていなかったり、貯えたエサが途中でなくなったりすれば、それはすなわち死を意味する。春の訪れか早いか、あるいは体力の限界が早いか、冬眠はいわば命を賭けたバクチみたいなものなのだ。

実際、冬眠をしているうちに命の炎を燃やし尽くしてしまうハムスターも珍しくない。また、野生のハムスターの死亡率がいちばん高いのは、冬眠明け直後。栄養失調状態で病気にかかりやすい上、動きが鈍いので敵に襲われやすいのだ。

というわけで、こんな危険な冬眠は、しなくてすめばそれにこしたことはない。ペットとして飼育しているハムスターは、冬眠はさせないのか一番。飼い主は冬にはゲージの中を暖かく維持して、冬眠防止に努めてほしい。

一般に、ハムスターは5度以下になると冬眠するといわれている。しかし、中には10度くらいでも冬眠してしまうハムもいる。だから、最低でも15度をきらない注意が必要だ。寒い冬には、飼い主が用意した巣材をせっせと頬袋につめて巣に運ぶハムスター。そうして集めた巣材の真ん中に入って幸せそうに眠っているハムスターは、とても暖かそうだ。

— posted by Petty at 10:44 pm